TOP > ブログ > 引越はコツコツと不用品整理。そのために役立つ道具をご紹介

引越はコツコツと不用品整理。そのために役立つ道具をご紹介

掃除から片づけまで、
あなたに必要なサービスや仕組み作りをサポートする
お掃除オーガナイザー®木村由依です♪

 

念願のスタジオオープンに向けて

家じゅうの仕事に関する荷物をまとめています。

 

荷物をまとめる作業を円滑に行う上で大事なのは

「日々コツコツやっておかないといけない準備が、不用品の仕分けです」

と、昨日のブログでお伝えしました。

 

理由は簡単

「不用品があると、迷いが生じて梱包に時間がかかってしまうから」

 

梱包の際に「これもういらないな~」の思いが過ると手は止まります。

「どうしよっかな~」
「改めて新居で考えようかな~」
「まずはちょっと中身を確認してみよう」
なんて思ったら最後、梱包という名のミッションは遂行できません。

 

ちょっと大げさな言い方ですが・・・

梱包は迷うことなく、無心に段ボールに詰めていく!ことが理想です。

 

調子に乗って、さらに大げさに言うと・・・

梱包にとって、迷いは最大の敵!です。

 

それが証拠に梱包のプロは迷いがないから早いのです。

150~200程度の段ボールを3名6時間たらずで終わらせますよ。

 

話を戻しましょう。

今回私が不用品整理のために購入したのは

シュレッダーです!

大きく感じますが、裁断した紙はフワフワですぐに満タンになります。

キャスター付きが、便利です。

 

 

これまで自宅で使っていたのは

無印良品のセキュリティパンチでした。

 

日々のダイレクトメールには手軽で重宝していましたが、

母の荷物を整理してグループへ移転の準備した時には

紙類の処分には、かなりストレスを感じていたのです。

 

スペースの問題もあり、これまでは必要性を感じながらも

購入に至らなかったシュレッダーを今回は迷わず購入。

 

そしてシュレッダーのお蔭て、不要と思える紙類の処分が

サクサク。

いえ、サックサク捗ったのですよ(笑)

やはりもっと早く、買っておけば良かった~。

 

「いらない!」と思った瞬間から、

シュレッダーが、細かく裁断してくれるので

私が陥りやすい思い入れの余韻などないんです。

そして形がなくなると、迷いも同時に消えてなくなるほど(笑)

 

住所などの部分的なモノはセキュリティパンチでも可能ですが

紙面全体を手で破り捨てるのは、かなりの労力です。

それ故に、捨てる決断が鈍るケースは少なくありません。

不用品だけでなく、見られたくないモノも、安心して処分です♪

 

落ち着いたら、学生時代にムダにたくさん撮った(笑)写真の整理にも

役立てようと思っています。

 

実はシュレッダーの購入はお客様にもおすすめしています。

 

特にシニアの方の場合、年代物の紙類の処分はマストですからね。

初回ヒアリングの際にお客様から

「次回のオーガナイズ作業までに準備しておくものはありますか?」

との質問に、

「ゴミ袋、紐、そしてできればシュレッダーの購入をお勧めします」

とお答えしました。

その後すぐに購入されシュレッダーは、本当にフル活用されています。

私としてもクリスタルミューズのメンバーの一員であるかのように

頼りにしているんですよ。

 

 

こうして、紙類は細かく裁断。

 

それ以外のゴミに出すものは、手早く紐かけをしてまとめる。

 

これを場所ごとに日々繰り返しておけば、

梱包作業は迷うことなく、無心にできます。

 

今後お引越しを予定されている方で

不用品の整理仕分けをうまくやる自信がない方、

梱包を自分でやる予定だけど一人だとご不安な方、

クリスタルミューズまでお問い合わせください。

ご予算に応じて、適切なアドバイスやサポートをさせていただきます。

役立つ情報を毎月1回配信中!メルマガ登録
Instagram Instagram