TOP > ブログ > 片づけるのがめんどうなのかと思っていたら、捨てるのがめんどうな人だった場合

片づけるのがめんどうなのかと思っていたら、捨てるのがめんどうな人だった場合

掃除から片づけまで、
あなたに必要なサービスや仕組み作りをサポートする
お掃除オーガナイザー®木村由依です♪

 

前回の記事で、シュレッダーを買って良かった♪とお伝えしました。

なぜ良かったのか?

ゴォ~。ゴォ~。とシュレッダーにかけながら、
その心理を分析してみると・・・。

✔手で細かく破る気になるのは2,3枚程度。
 それ以上になると、ちょっとストレス。

✔ハサミでチョキチョキ裁断。
 10枚を超える量だとハサミを握る手も疲れる。
 それ以上になると、めんどくさくなる。

✔紙類の処分をする度に、わずかにそんなストレスが過っている。

 

そんな自分の気持ちを再認識しました。
 

私の場合、要不要の判断に迷うことより、
不要だと分かっていても、
ゴミ箱にポイッとすることに抵抗のある内容の紙類を
”どう、始末するか?”に、めんどくさいを感じます。

 

だからこそ、自動で細かく裁断してくれる

シュレッダーが私にとって救世主に感じたんですね。

 

よく考えてみれば、
お客様に対しては無意識にその様子を感じて動いていました。
「処分するための行動」が苦手な方には
積極的にそのフォローをします。

 

おかげでスタッフ倉本は不要品取りまとめのスペシャリストになりつつあります(笑)
・シュレッダーによる裁断
・一般ゴミ、資源回収、粗大ゴミの分別、取りまとめ
・雑誌のひも掛け
・空き箱をつぶして、ひも掛け
これらは以外と頭を使い、体力を要します。
不要品とはいえ、侮れない重労働なのです。

この作業をプロが代行することによって、お客さまは心置きなく
「自分にとって大切なものを選び取る作業」に集中できるのです。
 

 

モノを手放したくないんじゃなくて、

手放すための手間がめんどうで、片づけられなくなった人は

片づけのプロに

「行動力と段取り力の助けを求める」ことをおすすめします。

想像以上のスピードで解決することでしょう♪

 

片づけのプロであるオーガナイザーは、

お客さまの代わりに要不要の判断をすることはできませんが、

不要品の取りまとめの手早さや手放し方の情報は豊富ですから!

ぜひご相談下さい。

 

ちょっと、話を聞いてみたい。

ちょっと、相談してみたい。

と、思った方はこちらをクリック→クリスタルミューズ問い合わせ

 

だけど、その前に

シュレッダーをクリックした方が良いのではないかと

本気で思ってます(笑)

機種はお好みのモノを選んでくださいね。

 

私が選んだのはこちら

 

 

役立つ情報を毎月1回配信中!メルマガ登録
Instagram Instagram